タイ渡航者に選ばれる海外旅行保険とは【1か月以上~最長2年間】

2022年タイ渡航に選ばれる理由

●この記事は、[today_date] 現在も有効です●

このサイトは、タイ王国への渡航に海外旅行保険を探している方向けです。

もしあなたが、「1か月以上の滞在で、タイ渡航に必要な海外旅行保険を探しているが適切なサイトが見当たらない…」という方なら、このサイトを読んでいただければ問題解決できます。

そしてタイ渡航のポイントなども記載していますので最後までご確認ください。

タイランドパス(Thailand Pass)申請に対応した保険

タイランドパス(Thailand Pass)申請には、政府が求める条件をクリアーした保険加入が必須ですが、すべてのビザに対応した内容の海外旅行保険です。

ではタイランドパスで必要な条件とは?

5万米ドル以上の治療費をカバーしている

タイ政府は以前10万米ドル以上を求めていましたが、2022年現在は5万米ドル以上になりました。

注意して頂きたい点として、10万米ドル以上から5万米ドル以上に変わったのは、沢山の外国人に来てもらいたいタイ政府の思惑で、保険金額を下げたと考えられます。

5万ドルを基準にしているならば、もしあなたがタイで新型コロナウイルスに感染した場合は足らない治療費を自腹で支払うことになります。 最悪、治療をストップされるかもしれません。

>> 保険金額を10万ドルから5万ドルに変更した理由 <<

10万ドルから5万ドルに変更

新型コロナウイルスに対応している

新型コロナウイルスには変異株が沢山出てきていますが、オミクロン株や新たな変異株を含むすべての新型コロナウイルスに対応しています。

旅行中だけではない東京海上日動の心意気とは!

>> 帰国後に新型コロナウイルスに感染発覚した! <<

そんなことがあるのか!

英語の保険証明書の発行が可能(タイランドパス対応)

タイ政府が求める【英文の保険証明書】の発行が可能です。

海外旅行保険を検索するとたくさんのページが現れますが、ネットだけで申し込めるタイプになるとタイ政府が求める条件に合致し無いことが多いと聞いています。

検索された方ならわかると思いますが、実はコロナウイルス対応の保険付保証明書(英文)を発行できる会社が少ないんです。

またタイランドパスの事情を知らない保険屋さんに保険を頼むと、あとでタイ政府から否認されたケースもあると、お客様から聞いています。

実際に、否認されて困った方のお問い合わせが多く寄せられます。

コロナウイルス対応の英語表記で治療費に関してもUSドル表記もありますので安心です。

本当に大丈夫なの! そんなあなたは現物をみてご自身で確認を!

>> タイ入国に必要な英文証明書をお見せします <<

これでタイランドパスは大丈夫

タイ渡航の保険を選ぶ際に、知っておきたい事とは

現在の入国は新型コロナウイルス発生以前とは全く違います。 

これは全世界にも言える事ですが、タイ王国は観光が主要産業の国ですので政府としても外国人観光客に来てもらいたいのが本音です。

しかし新型コロナウイルスを無視できない為、安全な外国人だけを入国してもらうためにできた制度がCOE(Certificate of Entry)です。


現在はタイランドパス(Thailand Pass)ですが、安易に考えると予定どうりに入国ができない可能性も..

タイ渡航には必要な保険加入ですが適当に選ぶと、あなたも同じようになるかも..

>>タイ入国に必要な海外旅行保険の落とし穴<<

否認された

なぜ東京海上日動の海外旅行保険が選ばれるのか?

東京海上日動の海外旅行保険を選ぶ理由としていろいろありますが、タイに行かれる方にとって最大のメリットは提携病院が多いことです。

提携病院では突然の病気やケガで来院されてもキャッシュレスで治療が受けれますので安心ですよね。

東京海上日動の提携病院


行かれる街の病院を、事前にご確認ください
>> 提携病院一覧(タイ)はこちら <<(東京海上日動HP)

近くに日本語ができるドクターがいない…

あなたが行かれる街に、日本語ができるドクターがいないケースも多くあります。

英語もタイ語もできない方にも安心できるサービスとは?

>> 病院で自分の病状を説明できない解決法 <<

お問い合わせ

資料請求&お問い合わせフォームから送信して頂きますとパンフレットが見れるメールが、3秒後に自動返信で送られてきますので、まずは補償内容や保険料をご確認ください。

まずは資料請求(保険料、補償内容の確認)

保険の内容や保険料の詳細はパンフレットをご確認下さい。(32日以上滞在)

>> 資料請求&お問合せフォーム <<

資料請求が遅れて保険申し込みが遅れ、タイランドパス申請の時間が無い方が多くおられますので、資料請求を今すぐされて内容の確認をされるのがお勧めです。

パンフレットをご確認後の、ご質問は担当者までお電話ください。

担当: 福山 090*2115*0504 (在宅勤務が多いので直接お電話ください)

お申込みの方は↓


急に決まった予定で時間がない方におすすめです。 5分で保険加入できます。
>> 1か月以内のネット加入できる割安保険をチェック <<

1か月以内の滞在の方はコチラが簡単です。↑

お申込みフォーム

お申込みフォームは保険契約に必要な、お名前やご住所、生年月日などをご入力いただきます。

>> お申込みフォーム <<
当社が発行する英文証明書はタイランド パス申請で100%承認されます。(2021年実績)

保険証券がお手元に届くまで通常6営業日程度必要になります。 お急ぎの方はご記入ください。(対応できる場合があります)

保険付保までの流れ

1)お申込書の送付………入力して頂いた情報を元に申込書作成し、郵送させて頂きます。
(メールでも送らせて頂きますので、お客様でプリントアウトができるのであれば時間短縮になります)

2)ご入金…….指定の口座に振り込んで頂きます。 (振込手数料はご負担ください)

3)必要書類の返送……お申込書を返信用封筒にてご送付ください。

4)保険開始……お申込書の到着、ご入金の確認とができれば保険スタートです。

英文証明書はご入金の確認と必要書類が到着すれば、基本当日に発行されメールでもご送付可能です。

Follow me!