タイ入国に必要な海外旅行保険の落とし穴

タイ入国の保険
タイ入国の英文証明書が否認

タイ入国に必要な海外旅行保険の落とし穴とは?

●この記事は、2021年11月30日 現在も有効です●

このサイトを見られている方はタイ国への渡航を考えられている方ですので、入国にはコロナウイルス対応で治療費5万ドル以上の保険が必要なのはご存じだと思います。

ネットで検索してみると沢山の「海外旅行保険」が出てきますが、要件を満たせばどれでもいいのでしょうか?

はっきり言って、保険の種類や会社はどれでもいいと思います。

しかし、無視してはいけない事柄があるのです。

タイ向けの保険付保する大事なことは「タイ政府が求める保険」と「日本のタイ領事館が求める内容」があるのを、コロナウイルス発生後に初めてタイに行かれる方はご存知ないでしょう。

おそらくあなたは、コロナウイルスが発生してから初めてタイに渡航されると思いますが、以前とはルールが大幅に変わったのです。

お問い合わせ頂くご質問内容などを見ていますと、東京海上日動の海外旅行保険ならみんな一緒でしょ! と言われる方もおられますが、

そこに海外旅行保険の落とし穴があるのです。

落とし穴って何?

確かに保険自体の内容は何処で手配しても1ミリも変わりませんが、タイ向けの保険には英文証明書が必要ですが、簡単に誰でも作れるものでは無いのです。

タイ向けの海外旅行保険を沢山扱う、私たちは多くの経験を既にしているのです。

タイ領事館から海外旅行保険を否認される事も….

タイ政府が「入国する外国人には保険付保を義務付ける」と発表してから、沢山の方からのお申込みを頂きましたが沢山のトラブルが発生しました。

最大のトラブルが

昨日までOKだった保険英文証明書が否認された!

えっ! どうして? 昨日はOKだったのに、「これでは駄目だと言われました。」とお客様から連絡があったのです。

意味が分からず、保険を申し込まれたお客様とのやり取りで無事にスケジュールどうりに渡航されましたが、ヒヤヒヤさせられたのを今でも覚えています。

その経験で分かったことは

保険会社が自動的に作った英文証明書では不備になる事も

そうなんです。 保険会社はタイ政府が求める書類の事は一切知りません。 渡航される方も初めての事なので知りません。

誰かが熟知していないと、書類不備が発生して予約を取ったフライトに乗れなくなるのです。

現地での隔離用のホテルなども変更しなければいけませんし、そもそも変更できなくて料金だけ追加で支払わないといけないケースもあったと聞いています。

選ばれている理由

コロナウイルス前の海外旅行保険とは全く異なった手続きが必要になり、保険会社が作成してくれる基本の英文証明書では問題になるケースがあると知って動きました。

タイ国向けにアレンジした英文証明書を発行

我々の使命はお客様に安心して旅行に行って頂く事が最大の使命です。 安心できない保険なんて誰も必要としていないでよね。

東京海上日動が発行する基本の英文証明書にタイ領事館及びタイ政府が好む一文を追加で入力しているのです。

その結果、 トラブルはゼロになりました。

選ばれている理由を一つあげるとするなら、COE申請後(タイランド パス)に領事館が否認する可能性が極めて低いことにあります。

タイ政府の事を知らない保険代理店から保険の手配をしてもらうと、私たちが以前に経験したトラブルがあなたに降りかかるかもしれません。

他の保険屋さんと違う点が明確

なぜ? そんなことができたのかと言うと、条件が2つあります。

情報量が全く違う

タイ向けの海外旅行保険をネット上で検索されると、通常の海外旅行保険は沢山あるのに「タイ入国」に関してのサイトを見つけるのは困難だと思います。

当サイトにはタイに行かれる方からのお問い合わせが多く寄せられますので、渡航に関する情報や注意点など沢山の情報が入ってきます。

COEの申請(タイランド パス)なども少しづつ変わってきていますし、既に渡航されたお客様からも善意で情報を頂いたりしています。

正しい情報を持つことで保険付保に関しては、お客様の予定しているフライトに確実に乗って頂けるようにミスの無い仕事ができます。

英語ができる

私は英語ができるんです。

保険を扱う前は商社マンでしたので、英語ができますので外国人の方からの問い合わせで英語で話したりもしています。

ですので、英文証明書の内容は把握していますし間違った英語表記にはしていませんのでタイに限らず病院でドクターが見れば補償内容はすぐに理解して頂けると思います。

タイに渡航される方は「保険加入は絶対です」が正確で安全な渡航準備をおすすめします。

私の所には保険を買うだけの事で問題が発生し、解決できないというお問い合わせもありますのでご注意ください。

では、よい旅を!

タイ向けの海外旅行保険はコチラ

Follow me!