ダイコウホケンとは どんな会社ですか?


- ダイコウホケンさんの海外旅行保険で無事にタイに入国できました。福岡県 T様

- 時間が無い状況にも関わらずスピーディーに保険証券を頂きました。 東京都 K様

- 久しぶりの一時帰国で保険の事も分からない私に、丁寧に説明して頂きました。 北海道 N様


あなたは、ダイコウホケンのことをお知り合いから聞かれて、このサイトにお越しになったのでしょうか?

もしくは、インターネットで検索していてたどり着かれたでしょうか?

はじめまして、東京海上日動 正規代理店「ダイコウホケン」の Web サイト担当 福山順也です。

ダイコウホケンはこれまで、リピーターのお客様を大切に、お客様一人ひとり のご希望に沿った保険を30年以上扱ってまいりました。

Web担当者 兼 営業マン が一人の会社

この数字からおわかりのとおり、ダイコウホケンは決して大きな保険代理店では ありません。
スタッフの数は、代表者を入れても3名という、小さな小さな会社です。

ですが、どこにも負けない、保険提案をしつづけてきたという自信があります。

小さな会社であるダイコウホケンが、30年の間 保険の提案をしてこれたのは、ダイコウホケンで保険をご注文いただいたお客様が、ダイコウホケンの保険設計を気に入ってくださり、ダイコウホケンのことを多くの方にご紹介してくださったからでした。

本当に感謝しかありません。

ここからは、ダイコウホケンが考える「保険設計に一番大切なこと」を少しお話させてください。

「保険」という言葉を聞くと、おそらく、多くの方が 商品の内容がわかる「パンフレット」という言葉を頭に浮かべるのではないでしょうか?


たしかに、保険設計において、パンフレットはとても大事です。

ただ、ダイコウホケンでは、その「パンフレット」よりもっと大切なことがあると考えています。

それは、お客様とコミュニケーションをとる力です。

インターネットの環境が日本中に整ったことで、お互いの顔を見ずとも、 インターネット上だけで取引が完結する業態が増えています。


たとえば、保険業界においても、オンラインでの契約ができる時代となりました。

そんな便利な時代ですが、しっかりとした保険設計はメール1通で届けるわけにはいきません。

お客様の大切な体の保険、自動車保険や火災保険などのしっかりとした保険設計を作るには、お客様の要望をしっかり聞くためのコミュニケーションが大切だからです。

誠に恐縮ながら、お客様は保険のプロではありません。 自分の頭の中にある「自分が必要な保険の形」を伝えたいと思っても、
言葉がなかなか出てこないことが多くあるはずです。

だからこそ、私たちプロが、お客様の思いや必要な保険を感じ取り、「そうそう、こんな保険がほしかったんだ」という正解を導き出す必要があると考えています。


そして、そのために必要な力こそが、コミュニケーションカだと思うのです。

ダイコウホケンを30年間ずっと支えてくださっているタガミ社長はいつもこう言います。


お客さんが必要としている保険を販売するなんて、保険に関わる者として当たり前だ。

もっと大事なことは、お客さんが知らない保険を必要な時に「こんな保険があったんだ!」と知ってもらえるかなんだ。

そして、お客さんからここなら大丈夫と信頼してもらえる代理店になれるか どうかなんだよ。

知らない保険を知ってもらうという事は、商品内容をよく知らないお客様に、何を必要とされているかを見極めなければいけないんだ。

だから、お問合せしてくれたお客さんからの要望をしっかり聞き、お客さんが 本当に求めているものを伝えないといけないんだ。

たとえば、もし、海外旅行保険を契約したことのないお客さんなら、 俺たち代理店がどんな内容の保険があるか、その保険の効果や内容まで知ってもらう。

そうすることで、お客さんは海外旅行保険に関する知識が身につき、 俺たちに要望も伝えやすくなる。

だから、まずは、お客さんとコミュニケーションをとることが大切なんだ。

もし、お客さんが要望を言いにくい空気を出す代理店がいるとしたら、 ダメダメだ。

“こだわり”という言葉で誤魔化して、他人の意見を聞こうとしない保険代理店なんて、最悪だ。

始めて、このサイトに訪れて頂いた お客さんはダイコウホケンの名前も知らない方ばかりだ。 

その方の状況や何を気にしているかを聞いてみて、プロとしての「こうしたほうがいいよ」というアドバイスを聞いてもらうことが大切なんだ。

そのアドバイスがお客さんにとっての気づきをしてもらい、結果的に信頼してもらうことが、何よりも大切なんだよ。


うちの社長は、そんなことをいう人なのです。

一般的に知らない会社のイメージというと、どこか怪しくて、怖いイメージがあるかもしれません。


・お金を払ったら、だまされるんじゃないか?
・本当に保険は使えるのだろうか?


そういったことを不安に思われる方も多いようです。 その気持ち、私もすごくわかります。

私は、東京海上日動の保険は人々の生活を守っていける保険会社だと思い、この業界に入りました。


10年前までは商社勤務だったため、保険業界歴はまだまだ 浅い人間かもしれません。

ただ、私は、自分の父も含め東京海上日動の保険ユーザーで、20代のころから保険業界には興味がありました。

そんな私が東京海上日動の保険を初めて利用したのは、18歳のときで、今から30年くらい前の話です。

高校在学中には自分のしたい仕事もなく、ただ漠然と大学に行くことに疑問をもっていた私は 大学に行くなら人とは違う方法で行きたいと思い、アメリカの大学に進学する道を選んだのです。

テキサス州の田舎の学校を選んだ事もあり、学費、寮費、食費すべて合わせても年間80万円以下でしたので、最初は反対していた親父も最後は笑顔で送り出してくれたのを今でも覚えています。

18歳の子供が数人の日本人と留学するには不安もあり、母親と一緒に保険屋さんにいき「海外旅行保険」を契約したのが、私の初めての保険の契約でした。

子供ながらに沢山ある保険会社の資料を集めて「この会社は安い」「この会社はこんなのも付いている」と母親と相談して、最後に保険内容と金額がよかった東京海上日動の海外旅行保険に決めたのでした。

保険の内容で悩まれる多くの方は、自分に合った保険の代理店や担当者 探しで悩んで おられます。


中には、ほかの代理店で海外旅行保険を契約したが国が求める書類不備で強制帰国し、ダイコウホケンにて、新しく保険契約された方もいらっしゃいました。

保険契約するということは、費用だけでなく、あなたの大切な時間を使うということです。
コミニケーションで何を求めておられるのか?、保険の商品内容の説明や、書類のやり取りなどの、すべてに時間がかかります。

だからこそ、ご自身に 合った保険代理店に出会っていただきたいと本当に強く思います。

もし、ダイコウホケンの保険に興味を持たれましたら、お気軽にご相談ください。

ダイコウホケンは、あらゆる保険を扱える保険のプロフェショナルで、世の中にあまり知られていないけど「実はこんな保険もあるんですよ!」とお伝えできる身近な保険代理店でありたいと思っています。

お問い合わせいただく際は、メールでもお電話でも大丈夫です。

あなたのそばに、あなたやあなたの大事な方をお守りできる、あんしんな保険がある人生を願って。

有限会社 大広保険サービス

福山順也

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-16-7
TEL: 06-6446-2700  在宅が多いので 090*2115*0504 福山までお電話ください。
FAX: 06-6446-2777
MAIL: daikou@skyblue.ocn.ne.jp
URL: https://www.tmn-agent.com/daikou/index.html

東京海上日動火災保険  正規代理店

担当:福山