レジデンストラックの保険で選ばれる理由

residence track insurance
レジデンストラックで選ばれる保険

なぜ東京海上日動の保険がレジデンストラックに選ばれるのか?

レジデンストラック及びビジネストラックの制度が開始され、少しづつではありますが外国人の方が入国されています。

この制度はコロナウイルスが蔓延して以降の国の制度で、

内閣官房
出入国在留管理庁
外務省
厚生労働省
経済産業省
国土交通省

が管理している制度です。  レジデンストラック及びビジネストラックについての概要

国も外国人の労働力や知識、技術など様々な力を必要としているのが伺えます。

そのレジデンストラック及びビジネストラックには入国の際に「民間の保険加入」が義務づけているのはご存じでしょう。

各省庁が管理するレジデンストラック及びビジネストラックですが、民間保険に関して管理している省庁は厚生労働省になりますが、制度の趣旨となぜ民間の保険加入が必要なのでしょうか?

厚生労働省に確認したところ「入国される方の立場によって様々ですが、仮に将来 健康保険加入をされるとしても無保険の空白期間を作らない」というのが主旨とのことです。

また海外のどのような保険でも加入してさえいればいいのでしょうか? という質問には、

「日本の保険会社の方が、日本国内での病気やケガに対応する保険加入の観点からいえば日本の保険会社の旅行保険がベターかと思います。」とのことです。

そうですよね。 担当者からしても、聞いたことの無い保険会社の保険証券を提出されるよりも東京海上日動の保険証券の方が何倍も信頼できると考えるのが自然だと考えますし、実際に海外の保険はコロナウイルスに対応していない保険も多いのも一つの要因だと思います。 

義務とはいえ「あんしん」を手に入れる保険加入ですが、「日本国産の保険が安心」とお客様から選ばれる理由です。

レジデンストラックの契約違反にならないように

沢山のレジデンストラック及びビジネストラックに関してのお問い合わせを頂きますが、ご注意いただきたいのが

「契約違反」です。

相手は国なので特に注意が必要です。 詳しくはコチラ

契約違反をした企業や団体に対しての処罰が明確に記載されていますので一度確認をお勧めします。
ちなみに2020年10月14日に外務省に確認したところ、契約違反はまだ発生していないとの事ですが
第一号の違反者はメディアにも取り上げられるでしょうから、企業のダメージは甚大になることが容易に想像つきます。

日本国内での保険加入のメリットのもう一つは日本国内での契約だという事です。
(ここでは詳しく書けない為、詳しくは担当者:福山まで 090*2115*0504)

我々、保険関係者は「将来、起こるかもしれないリスク」を考えるのが最大の仕事なのです。

コロナウイルスは全世界の人々にとって想定外でした、そんな次の想定外に対応できる保険をご紹介します。

将来も、外国人を受け入れていく企業様や団体様は一度、お問い合わせください。

Follow me!