渡米に必要な海外旅行保険(コロナ対応)

治療拒否
治療拒否されたら…..

アメリカに行くには必要な保険とは?

毎日、日本をはじめ世界中のコロナウイルス感染者数がメディアで取り上げられていますが、最近はワクチンのニュースも取り上げられて少しは明るい兆しが出てきているのかなと思います。

海外のローカルな事情は日本にいる間はなかなか分からないのが現状で、友達や仕事仲間から身近な情報を得る位しか、ニュースなどからは範囲が大きすぎて実際のところ分かりにくいでしょう。

コロナウイルス蔓延の中、行われた大統領選挙もようやく落ち着きだしましたが、アメリカ国内のコロナウイルスは落ち着く様子が全くありません。

アメリカ国内在住の日本人は約50万人という数字がありますが、このコロナウイルス騒動で一時帰国されている方も多く見られ、多くのお問い合わせを頂いています。

海外在住の方の多くは日本国内に住所が無く、あくまで一時帰国なので国民健康保険への加入が難しい方がほとんどなので、無保険状態に悩んでおられる方も多くおられます。

そこで逆海外旅行保険を使われるケースが多いのですが、アメリカ国内に家族がいる方や、仕事がある方はスケジュール通りに帰国されると思います。

日本とは事情が全く違う「アメリカ行き」にはとても大切な事情がでてきました。 コロナウイルス以前は、あまり気にしていなかった準備が必要になってきます。

それは「海外旅行保険」です。 

アメリカのコロナウイルス対応の保険がある方なら大丈夫かもしれませんが、全く無保険での渡米はとても危険な状態といえるでしょう。

東京海上日動が払う1日の入院費用は?

海外旅行保険や逆海外旅行保険を多く扱いますのでサポートデスクとのやり取りも多いのですが、

海外で実際にコロナウイルス感染した方への保険のお支払い金額をご存じでしょうか?

詳しいことは割愛させて頂きますが、病状によっても国によっても様々なようです。

東京海上日動の海外旅行保険(逆)の保険金を支払う部署に聞いたところこのような数字を教えてもらいました。

安い方で1回の保険金請求(発症から完治まで)で数万円との事です。

コロナウイルスに感染して数万円単位だと、とても安い費用だと思います。

さてさて、一番高い治療費の国はどこだと思いますか?

アメリカ合衆国だと自信をもって断言していました。

だとしたら気になるのが金額ですが、なんと 1日の入院費が約100万円 だそうです。

単純計算で2週間の入院するとなると1400万円の請求があなたに来ます。

そんな高額過ぎる請求をポンと払える人は少ないので海外旅行保険の大切さは十分に理解して頂けると思いますが、

その中でも海外旅行保険を持っていても治療拒否される危険性があるのをご存じでしょうか

今までとは違う準備が必要な海外旅行保険

ネットで調べてみれば沢山のサイトから海外旅行保険が買えますが、コロナウイルスが発生して様相が変わりました。

「保険なんて安い方がいい」
「保険はどれも同じ」
「ネットで買った方が楽」

と皆さん思われるかと思います。 

皆さんはご存じでしょうか?

沢山ある保険でもコロナウイルス対応でない保険がある事を! 

ここで申し上げているのは海外旅行保険だけではございません。 日本やアメリカを始めとする医療保険は様々な種類があり
すべての医療保険がコロナウイルスに対応している訳ではないのです。
(実際に海外の保険に加入したがコロナウイルス対応出なかったので、保険加入したいというお問い合わせも多いのです。)

仮にコロナウイルスに対応していても、1日100万円の治療費を支払えるのかも問題になります。

日本とは違い欧米では「治療費を払える患者に対して治療する」のが当たり前で、治療というのも医療のビジネスなのです。

では なぜ?

海外旅行保険を持っているのに治療拒否される可能性があるのでしょう?

それは、通常の保険証券には「コロナウイルス対応」の文字が無いんです。

あなたがアメリカの病院側のスタッフなら、治療費を払えるかどうか分からない人に治療をすると思いますか?

「本当にこの保険で支払えるのか?」 となれば NO になる可能性も想像できます。

現地であなたは、あなた自身の保険がコロナウイルス対応だという証明できるでしょうか?

私たちの最大の仕事は、最悪の事態を想定して対応できる事の先手を打つのが保険を扱う人の仕事なのです。

youareoknow
あなたに最適な治療を約束します

アメリカで最適な治療を受ける方法

東京海上日動の代理店は日本中に沢山ありますが、そのような事情を理解しているショップは非常に少ないのが現状です。

数多くの国々への海外旅行保険を扱う上で、まさかの事態に陥ることの無いような保険の準備が必要です。

アメリカ国内で突然のケガや病気、もしくはコロナウイルス感染した場合でもしっかりした治療を受けられる保険をご確認下さい。 また担当者からなぜ? 東京海上日動の海外旅行保険でも、違いが出てくるのかをお応えします。

海外30か国に行った事のある担当者の話を聞いてみてください。

Follow me!