【2022年】 海外 旅行保険 の 英文 保険証 が、なぜ 必要 か?

海外旅行 保険 に 必要 な 保険証
海外 旅行保険 はお忘れなく!

今の 海外 旅行保険 には 必要 な 保険証 がある事をご存じでしょうか?

フクヤマ

今から海外に行かれる方には知って欲しい、 海外 旅行保険 には絶対に 必要 なツールは 英文 保険証 です。

以前は問題なかったのですが、とても重要になった理由とは?

東京海上日動がご提案する 海外から日本へ来られる外国人や日本人の方や、日本から海外へ行く方向けの海外旅行保険のサイトです。

新型コロナウイルスで変わった、海外 旅行保険 の定義とは?

海外旅行保険は基本的に「旅行中の急なケガや病気」に対応する保険になりますので、基本的には既往症(既に持っている病気)に対しては保険を使うことはできません。

ですが、感染症に対しては海外で感染したりしますので急な病気に該当します。

すべての保険を確認しているわけでは無いですが、日系の保険会社が提供する海外旅行保険は新型コロナウイルスには対応しているでしょう。
(しかしながら、念のためにご自身でご確認ください)

コロナ非対応の 海外 旅行保険 がある

世界の保険会社をみてみますと、新型コロナウイルスには適応外の保険がある事をご存じでしょうか?

コロナはCOVID-19と言いますが、これはCORONA-VIRUS-DISEASE-2019を短縮した言葉ですが、2019年に発見された感染症です。

なので現在でも対応していない保険が海外にも存在しているんです。

海外の医療事情を知っておく 必要 性

日本では治療が先で、お支払いは後になりますが海外の病院では違います。

もしあなたが海外の病院に行かれたら、ドクターはあなたが現地の人間ではない事がすぐに分るでしょう。

「Do you have insurance ?」

と聞かれます。 なぜ? 保険があるかを聞くのでしょうか?

それは治療費を払える人にだけ治療をするからです。

日本ではありえないですが、明確にあなたの治療には保険が使える事を伝える証明できるものが必要なのです。

海外 旅行保険 を甘く見ない

日本では治療が優先され、支払いの事は後という日本と海外のシステムの違いをお伝えしました。

世界には医療費無料という国もありますが、その制度は本当に様々です。

日本での医療レベルは何県に行っても世界的に高い水準での治療を受けることができますが、医療費無料の病院には行かない方も多くおられ、そのような方たちはプライベートの病院やクリニックを使われます。

その理由として、自費の負担はない公的な病院に行くと待たされるからです。

また海外の医療のシステムが、実際にどのようになっているかを外務省のHPを通して見てみましょう。
日本人が多く行かれる国をリストアップしています。

アメリカ合衆国

米国は日本人にはビジネスや留学、旅行などとても人気の高い国ですが、医療費になると最高レベルで高額になります。

東京海上日動の海外旅行保険のサポートデスクに代理店としてヒアリングしましたが、新型コロナウイルスで入院した方の1日の入院費が100万だったそうです。

米国の医療費は非常に高額です。その中でも、ニューヨーク市マンハッタン区の医療費は同区外の2倍から3倍ともいわれており、専門医の診察費が1,000ドルを超えることがあります。入院した場合は室料だけで1日あたり数千ドル、入院費が1日あたり1万から2万ドルに及ぶこともあります。治療費は、診察料、施設利用料、血液検査代、画像検査代、薬品代などとそれぞれ別個に請求されるので注意する必要があります。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/n_ame/ny.html

中華人民共和国

中華人民共和国もビジネスや旅行などでも人気の国ですよね。

北京には、外国人専用外来を持つ中国系総合病院や、英語や日本語で先進国と同様の医療が受けられる外資系クリニックがあり、その医療レベルも経済成長と共に進歩していますが、医療費は日本と比べてもかなり高額になります。外資系医療機関では、感冒や胃腸炎などでも1,000元(およそ16,000円)以上かかる上、レントゲンや採血、超音波などの検査により医師の収入が増加するシステムのため、高額になりがちです。ただし、多くの医療機関は海外旅行傷害保険が使用できますので、万が一に備え十分な保障を備えた保険への加入をお勧めします。一方、地方都市では外資系医療機関は少なく、英語や日本語が通じる医療機関は限られます。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/asia/beigin.html

オーストラリア連邦

やはり一度は行ってみたい国のオーストラリアも日本人が多く住んでいますが、他の国とはシステムが違うようです。

オーストラリアは、先進国であり、衛生状況、風土病、特殊な感染症など、日本からの渡航者にとって、特別注意を要する状況はありません。また、医療機関内はどこも清潔で、受付や看護師等医療従事者も親切に接してくれます。しかし、医療システムは、日本を含めた他国と大きな相違があります。渡航中に体調不良が生じた場合や治療中の病気を持ったまま渡航した方が、医療を受ける際には、当国の制度に従い医療機関を受診することとなります。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/oceania/australia.html

英国

伝統の国も日本人には人気の国の一つですね。

民間の医療機関では、治療費はすべて患者の自己負担となります。旅行者や短期滞在者は救急の場合を除いてNHSを利用することが出来ませんので、これらプライベート医療機関を利用することになります。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/europe/uk.html

タイ王国

リタイア後はタイでのんびり暮らす方も多くなってきましたね。

バンコクの代表的な私立病院の医療水準はかなり高く、日本の病院と比較して遜色はありません。日本の医学部を卒業した医師、或いは日本の病院で研修経験のある医師または看護師などが勤務しています。また日本語通訳(日本人またはタイ人)が勤務し、専用窓口を設けるなど、日本人受診者の便宜を図っています。私立病院は全て自由診療です。診察料・治療費等は、日本での窓口負担額と比べて高額になることが多いので事前に料金等を確認するか、または海外旅行傷害保険等の保険が適用されるか確認することが必要です。保険への加入をお勧めします。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/asia/thailand.html

日本とは勝手が違いますが、やはり治療費を支払える 海外 旅行保険 の加入はとても大きいです。

「私は大丈夫!」と思われているかもしれませんが、私のところには毎日、海外旅行保険の事故報告がされるんです。

国際線の出発ロビー
出発ロビー

通常の 保険証 にはコロナ対応と記載がない ~ 海外 旅行保険 ~

一般の方は、まずご存じないと思いますが 通常の保険証には「新型コロナウイルス対応」とは記入がありません。

日系の保険会社が提供する海外旅行保険では「感染症特約」という名称でコロナウイルスに対応しているのです。

理由としては、感染症だけを取ってみても沢山の感染症があるのですべてを記入することができない為です。

しかし、いまの状況ではコロナウイルスに対応しているかが人々の大きな関心事なので英文 保険証 には記入している保険会社が多いのです。

では、どのようにして手に入れるのでしょうか?

空港のカウンターでの加入だと英文 保険証 が入手できない。

英文の 保険証 を持っていくのは、常識になっている【 海外 旅行保険 の買い方 】

英文の 保険証 を持参してフライトするには事前の準備が必要です。

私も保険の仕事に携わる前は商社にいましたので、海外出張に行く際には空港で海外旅行保険を買っていました。

今でも出発ロビーで保険を買うことはできますが、英文の保険証を手に入れることはできません。

短期の旅行や出張ならネットで加入でき、すぐに入手できる場合もありますが1か月以上の場合では事前に英文がほしい旨を伝えておかなければいけませんのでご注意ください。

東京海上日動の海外旅行保険の資料はクリックしてください。

>> 資料請求 & お問合せフォーム <<

>> お申込みフォーム <<

>> 1か月以内のネット加入できる割安保険はコチラ <<

Follow me!