【2022年】 フィリピン入国 に必要な 海外旅行 保険

フィリピン入国 保険Cebu Island Thailand
セブ島

フィリピン入国 には海外旅行 保険 が必要

いよいよ フィリピン入国 できるとの情報が入ってきました。

入国するには条件があり、誰でも入国できるわけではありません。 保険 の加入が必要です。

まずは入国するための条件を確認してください。
(2022年2月7日現在の情報です)

新しい情報が入ればアップデートしていきます。

フィリピン入国 の条件

  • フィリピン到着時にパスポートの有効期限が6カ月以上ある
  • フィリピンを出国する航空チケットを所持している
  • 出発の48時間前のPCR検査での陰性証明
  • ワクチン接種証明書
  • 最低3万5千米ドル以上の医療費をカバーする旅行 保険 の 保険 証券

フィリピン到着時にパスポートの有効期限が6カ月以上ある

パスポートの有効期限がどれくらい必要かは、国によって様々ですがフィリピン政府が求めている期間は6カ月間です。

他の国経由で入国される場合には余裕がある有効期限だと安心ですね。

また期間が変わる事もありますので、最新情報をご確認ください。

フィリピンを出国する航空チケットを所持している

日本人だとあまりいないと思いますが、不法滞在を防ぐために帰りのチケットや他国へ出国する航空チケットが必要です。

このようなルールは日本だけではなく、世界に発信しているルールですので不法滞在する人たちの入国を防ぐ為の施策です。

出発の48時間前のPCR検査での陰性証明

日本に入国する場合も同じですが、PCR検査の陰性証明は必要です。

国によっては72時間前のPCR検査を要求しますが、フィリピン政府は48時間前の陰性証明書が必要ですので注意が必要です。

ちなみに日本に帰国する際のPCR検査は72時間前の陰性証明書を要求されます。

ワクチン接種証明書

ワクチン接種証明書が必要です。 逆に言えば、ワクチン接種していない方の入国ができないという事です。

将来的には変更になる可能性がありますが、現時点では接種されている方のみ入国ができます。

政府が求めているのは、日本の自治体が発行している「新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書」もしくはデジタル庁・厚生労働省が提供する「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」も対象になります。

なお18歳未満の方はワクチン接種証明書を免除されます。

最低3万5千米ドル以上の医療費をカバーする 旅行 保険 の 保険 証券

以前は保険加入の条件がありませんでしたが、今回の開国で条件に加わりました。

3万5千ドル以上の保険金額を要求していますが、日本円にすると約420万円(120円/US)になりますが、他の国を見ても新型コロナウイルスに感染した場合は、この金額ではカバーできないと思います。

ではなぜ3万5千ドルなのかというと、外国人が入国しやすいように設定しているだけです。

タイ政府をはじめ沢山の国々が海外旅行保険の加入を入国条件に追加していますが、コロナ過での観光産業衰退を防ぐ為には外国人の旅行者が必要になりますので、入国のハードルを下げているだけなので最低3万5千ドルと【最低】と記載されているのです。

あくまでも入国する外国人の自己責任だと言っていることを理解しましょう。

Street at Manila タイ入国
マニラの街並み

フィリピン入国に対応した海外旅行保険

ネットで海外旅行保険を検索されると沢山のサイトが出てきます。

一般の方は「海外旅行保険は何でもいい」と考えられるかと思いますが、新型コロナウイルス発生後ではルールが少し変わりました。

今までは現地で腹痛になった場合やケガを負った場合に保険が使えないという事は、ほぼなかったと思いますが少し変わったのです。

コロナウイルスに対応していない海外旅行保険がある

今の情勢では各国で感染者が増えたり減ったりしていますが、海外に行く場合は感染する確率が増えると考えるべきでしょう。

外国で感染し発症した場合には、あなたの支払い能力で医療サービスが変わってくるでしょう。

もしコロナに対応していない保険だったら最悪ですよね。
(一般的なゴールドカードで付帯されている保険金額だと少なすぎるでしょう)

海外旅行保険を考えるには、絶対に新型コロナ対応の保険を選びましょう。

現地で病気になった場合の必需品

ではコロナ対応の海外旅行保険に加入すればいいのかと言いますと、それだけでは不十分なのです。

考えてみてください、外国の医療サービスはビジネスなので支払い能力が無い人や、支払えないかもしれない人には何もしてくれません。

あなたは現地のドクターにあなたの加入している保険が「ちゃんとカバーされているかの証明」をできますか?

一般的な保険証券には「新型コロナウイルス対応」と書いていない場合が多いのです。

さあ、どうやってあなたは証明できますか?

解決策は【英文証明書】なのです。

英語の証明書を持っているのと、持っていないのとでは天と地ほどの差が出ます。

あなたが現地のドクターならば、どちらの患者を処置するでしょうか?

>> フィリピン入国に対応した海外旅行保険(1か月以内) <<

Follow me!