海外在住者の一時帰国中の海外旅行保険

一時帰国の保険
海外在住者の一時帰国に保険は必要?

海外在住者が1か月以上の一時帰国の保険

海外在住者の1か月以上の一時帰国の保険は「逆海外旅行保険」です。
日本国内に住む方からのお申込みで日本に来られる方を保険の対象とする保険で、国民健康保険に加入できない方でも
加入できる民間保険です。
コロナウイルス対応で空港に到着時点で保険開始ができますので、日本の高度なPCR検査で陽性反応が出た場合でもカバーできます。

コロナウイルスに対応した海外旅行保険

世界には様々な海外旅行保険がありネットで検索すれば沢山見つけられますが、すべての海外旅行保険がコロナウイルス(covid-19)に対応しているわけではありません。
またコロナウイルスによりフライトがストップするケースが続発し、日本から出国できない方が沢山おられます。

予定していたフライトがストップすることで問題になるのが「海外旅行保険」が満期を迎えるケースです。

無保険になるんです。

今の状況で無保険はあまりにも危険だと簡単に理解できると思います。

日本に到着してからでも加入できるメリット

海外旅行保険は出発地で加入するのが一般的ですが「逆海外旅行保険」は、おそらく世界中の海外旅行保険の中でも珍しい特徴があり、入国してからでも加入が可能です。

これは私の憶測ですが東京海上日動という保険会社の特色だと思います。 

東京海上日動の専属代理店として感じますが、東京海上日動と言う会社は「お客様に親切」な特徴があり、沢山の方に保険で大きな金銭的なリスクを助けたいという理念が大きくあるからだと思います。

東京海上日動の社員さんは私たち代理店には厳しくそして、時には厳然とした態度をされる場合もありますが、商品の開発や保険料の支払いなどを見ているとそのように感じれますし、その点に関しては我々のような代理店は非常に助かります。

逆海外旅行保険という1つの保険だけを見ても「お客様には親切な保険会社」だということが感じられます。

その証拠にネットで検索して頂いてもわかると思いますが、1か月以上の海外旅行保険で入国後に加入できる他の保険を私は見たことがありません。

海外在住者が一時帰国する理由

海外在住者が一時帰国する理由は様々です。

楽しみに帰ってくる方もおられますが、親族のご不幸があったり、法的な手続きなど本当に様々な理由で一時帰国されます。

昨年からはコロナウイルスの影響で一時帰国される方もおられます。

日本人ならわかると思いますが先進国といえども深刻な病気になった場合は「日本で治療を受けたい」という気持ちになる方が多いと思います。
費用面もそうですが言語の問題や欧米人には問題ない薬も我々、日本人には合わない薬もドラッグストアで見られますので病院の薬も同じような強い成分の薬を投与されると体に負荷がかかります。

自分は若いし、病気になる気がしない! という方もおられますが、ご高齢の方や小さいお子様を連れての帰国や季節的に冬や夏などは体調が崩しやすい季節でもありますのし、コロナウイルス等の感染症にかかるかもしれませんので、すべての方が注意が必要と思います。

お問合せください

保険加入には条件等もございますので、一時帰国者の方全てが逆海外旅行保険に加入はできませんが はっきりと言えるのは日本到着してからできるだけ早くお問合せください。

帰国してから何カ月も経っていると加入できない可能性が高まりますので、できるだけ早くお問合せください。

逆海外旅行保険の詳細はコチラからご確認下さい。

>> 逆海外旅行保険 <<

Follow me!