新型コロナウイルスに関連する入国制限緩和への海外旅行保険はコチラ

コロナ撃破
コロナと共存

一部の国への入国制限緩和の報道

新型コロナウイルスの水際対策として行っている外国人の入国制限措置をめぐって、政府は、感染状況が落ち着いている国や地域からの入国を段階的に認める方針で、これまでに、ベトナム、タイとの間で企業の駐在員など長期滞在者を対象に往来を再開しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200908/k10012606181000.html

上記のリンクからもわかるように政府は、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマー、台湾の5つの国と地域について、9月8日から入国制限措置を緩和し、長期滞在者を対象に往来を再開させる報道がありました。

コロナウイルスが蔓延し、ほぼすべての国が外国からの人々への入国制限が当たり前になり、日本に住む外国人の方に対しても入国制限などで来日ができない人々がおられました。 まだまだ一部の国と地域に対しての入国緩和措置ですので十分とは言えませんが一歩一歩進んでいるように思われます。

仕事で来日する外国人の為の保険

タイ、ベトナム、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマーの国々を見ても日本と関係が深い国々への入国制限緩和に舵を切りましたが、コロナウイルス感染のリスクは何も変わっていません。

日本企業が外国から人を呼び寄せる場合には出国(搭乗予定航空便の出発時刻)前72時間以内にCOVID-19に関する検査を受けて、「陰性」であることを証明する検査証明の取得が必要となりますが、日本に到着後に「陽性」となる可能性もあります。

短期滞在の外国人の方はもちろんですが、日本の健康保険を取得予定の方も関係なく2週間の隔離は余儀なくされます。

外国人を招致する企業もしくは組合や団体として、その方々がもしもの病気やケガの際の治療には敏感になるかと思います。

ましてや無保険での入国はとてもリスクが高い事が容易に想像できる状況です。


日本の保険を使うメリット

第一に「簡単である」ということです。 

必要書類は「パスポート」「在留資格証明書」のみです。

第二に「もしもの時の、保険請求が早い」という2点があげられます。

日本の病院に行き、日本で請求しますのですべて日本円でしかも書類すべてが日本語になりますので簡単です。

他にも海外の旅行保険と日本の旅行保険の違いでご紹介しましたが、日本サイド(引き受け側)で日本の旅行保険を用意するのは
スタンダードになりつつある状況ですね。

保険内容を詳しく知りたい方はコチラから

Follow me!